ホーム > 入試・入学案内 > 教育目標と3ポリシー > 建築学専攻の教育目標と3ポリシー

建築学専攻の教育目標と3ポリシー

教育目標

 建築学専攻では、人類の建築文化と技術を継承し、地球環境の保全に配慮しながら、現代の科学技術と過去の経験を総合的に活用して、建築空間と生活環境の創造・維持を担う専門的職業人・研究者の養成を教育の理念としています。問題発掘能力とその解決能力、実験・解析の実行能力を身に付けることが可能な基礎学力を有し、それを専門領域や学際問題に活用でき、異分野の専門と協調して広く活躍できる、建築学分野で自立できる素養を持つ科学技術者・研究者の教育を目指しています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

  • ア)真に価値ある人間性を呼び覚ますような環境を主体的に創造できる人
  • イ)人との対話や協調性、物事に対する行動力や主体性を備えた人
  • ウ)アイディアを形成する構想力、問題発見能力とその解決能力を持つ人

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 建築の専門的知識・技術及び外国語(英語)の高い知識・能力が必要となります

3.入学者選抜の基本方針(一般選抜)

 口述試験では、口頭試問を含む面接を課すとともに、出身学校の成績及び志望理由書等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、建築の専門分野に関する知識・能力、適性・意欲等を評価します。

 また、筆答試験では、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、建築の専門科目、外国語科目(英語)及び面接を課すとともに、出身学校の成績も踏まえ、知識・能力、外国語(英語)の読解能力、適性・意欲等を評価します。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 建築学の主要な分野に関する専門的知識を身に付けさせるために、多数の教員が段階的に教育する体系的な教育プログラムを設置する。主要な分野は、建築設計、環境設計、構造設計とする。それぞれ、下記の内容のコースワークにより実施する。また建築士受験資格の実務経験要件を満たす計画・構造・環境の各専門領域に関する建築設計実務経験プログラムを設置します。

 

  • (1)建築設計コースでは、地域での実践活動を通して、様々な用途の建築の設計、都市の景観整備や歴史的環境の保全、住環境や文化・教育・福祉・業務などの施設整備に関する研究と教育を行う。実践的課題を中心に、建築及び都市・地域の設計に関する創造性の涵養と総合的判断力、多角的かつ実践的能力を養成する科目を配置する。
  • (2)環境設計コースでは、温熱や光に関する居住環境、空気質に関する室内環境、建築設備に関する研究教育と環境設計に関する教育を行う。建築物の室内外環境、サービス性能、エネルギー、資源、マテリアルなどの視点から環境性能を多面的に評価し、建築物の総合環境性能評価を実践する能力を養成する科目を配置する。
  • (3)構造設計コースでは、構造力学、荷重評価、構造性能評価、構造最適化、地震動の特性と地震災害、建築材料の材料工学や構法に関する研究教育と、構造設計に関する教育を行う。構造設計では、構造計画、外力の設定、応力・変形解析、基礎構造の設計、各種構造の設計に関する知識・技術を総合的に用いて設計を行う能力を養成する科目を配置する。

 

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 建築学専攻では、次のような資質を持った人材に対して修士(工学)の学位を授与します。

 

  • (1)建築学分野に要求される高度な専門能力及び倫理と教養を習得し、それらを社会及びチームにおいて十分に発揮できる。
  • (2)建築学分野に関するさまざまな社会的な課題に対して、現代の科学技術と過去の経験を総合的に活用して自らの力で課題を解決できる。
  • (3)与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめることができる。
  • (4)人類の建築文化と技術を継承し、建築空間と環境を主体的に創造できる。
  • (5)地域並びに国際社会でグローバルな視点から社会のニーズを把握できるコミュニケーション能力を取得し、社会に貢献できる。