ホーム > 入試・入学案内 > 教育目標と3ポリシー > 化学生命・化学工学専攻の教育目標と3ポリシー

化学生命・化学工学専攻の教育目標と3ポリシー

教育目標

 化学生命・化学工学専攻の教育理念は、「人間社会と自然環境と科学技術の調和を希求しつつ、国際的な視野から新しい科学技術・産業構造を提案し、世界に発信できる高度専門職業人を育成すること」です。この理念を受けて、「化学工学、応用化学、生命工学の専門家として、幅広い視野をもち、グローバル社会で活躍できる人材の育成」を目的として、そのため、「柔軟な思考力と探求心を備えた化学工学、応用化学、生命工学に係わる分野の中で、世界をリードする技術を追求できる専門的な能力と倫理的判断力を持った創造的で指導的な役割を担う専門的職業人を育成すること」を目標としています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

  • ア)化学生命・化学工学専攻の教育目的を理解し、本専攻における教育研究を通して高度の専門能力を修得しようとする充分な基礎学力を有する人
  • イ)柔軟な思考力、探求心を持って柔軟かつ創造的に解決する能力を身につけたい人
  • ウ)化学生命・化学工学の知識を生かしてグローバルな視点で活躍したい人
  • エ)新しい科学技術に対応できる高度な知識と倫理的判断力を養いたい人

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 化学生命・化学工学専攻における教育研究を通して高度の専門能力を修得できる充分な基礎学力が必要となります

3.入学者選抜の基本方針(一般選抜)

 口述試験では、口頭試問を含む面接を課すとともに、出身学校の成績及び志望理由書等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、本専攻の専門分野に関する知識・能力、適性・意欲等を評価します。

 また、筆答試験では、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、専門科目(応用化学・生命工学コースあるいは化学工学コースの専門分野から出題)、外国語科目(英語)及び面接を課すとともに、出身学校の成績も踏まえ、本専攻の専門分野に関する知識・能力、外国語(英語)の読解能力、適性・意欲等を評価します。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 化学工学、応用化学、生命工学の専門家として、幅広い視野をもち、グローバル社会で活躍できる人材を育成するため、各コースが編成した学位プログラムを構成する教育課程において、質の高い教育を実践します。

 

  • (1)化学工学コースでは、地球環境に優しい高機能材料や環境、バイオテクノロジーの融 合技術の創製と評価ができ、環境と調和した人類社会の持続的発展に寄与できるエネルギーシステムや環境調和型物質生産システムの構成ができる優れた技術者及び研究者を育成するため、反応・分離・エネルギー伝達と変換・資源循環・機能性材料プロセッシング等の各種プロセスとこれら要素プロセスを集合する高度なシステム工学に関する知識を習得可能となる教育を実施する。
  • (2)応用化学コースでは、地球環境との調和を図りつつ人類社会の持続的発展に寄与できる新物質、地球環境に優しい化学物質、高度な機能を持つ材料の創製と評価を担う優れた技術者、研究者を育成するため、応用化学関連分野の分子工学、機能材料化学及び環境工学に関する知識を修得可能となる教育を実施する。
  • (3)生命工学コースでは、タンパク質工学、細胞工学、バイオチップなどのバイオエンジニアリング及び創薬化学、生体適合性材料やドラッグデリバリーシステムなどの医用材料化学の技術者、研究者を養成するために、生体の仕組みや機能を含めたライフサイエンスを理解しながら、新概念や新材料の技術開発を行うのに必要な知識や技術を体系的に学ぶことができる教育を実施する。

 

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 化学生命・化学工学専攻では、次の点に到達していることを評価し、要件を満たす者に学位を授与します。

 

  • (1)柔軟な思考力、探求心を持って柔軟かつ創造的に解決する能力を修得している。
  • (2)化学生命・化学工学の知識を生かしてグローバルな視点で活躍することが自らの使命であることを自覚している。
  • (3)新しい科学技術に対応できる高度な知識と倫理的判断力を身に付けている。