ホーム > 入試・入学案内 > 教育目標と3ポリシー > 生命化学専攻の教育目標と3ポリシー

生命化学専攻の教育目標と3ポリシー

教育目標

 生命化学専攻の教育理念は、「化学から生物学までの幅広い基礎知識と技術応用力を併せ持ち、両分野を含めた幅広い分野で活躍することのできる人材を育成することで、地域ならびに国際社会での科学、技術の発展に貢献する」ことです。この理念を達成するため、教育理念を理解し、教育・研究を通して、高度の専門能力を備えた人材を輩出することを目標としています。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

  • ア)生命化学専攻の教育理念を理解し、それを実現できる学力と意欲を持っている人
  • イ)合理的で柔軟な科学的思考力を有しており、研究の内容や計画についてわかりやすく発表・説明できる人
  • ウ)生命化学に関わる研究分野に興味を持ち、その発展に対する貢献に熱意がある人
  • エ)生命化学の研究を通して、高い倫理観を持って、科学あるいは社会の発展に寄与したいと思う人

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 化学並びに生物に関する基礎的な知識と実験技術を有するだけでなく、研究に必要な知識や情報を世界中から収集するため、基礎的な外国語(英語)の語学力並びにコミュニケーション能力が必要となります。

3.入学者選抜の基本方針(一般選抜)

 口述試験では、口頭試問を含む面接を課すとともに、出身学校の成績及び志望理由書等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、生命化学分野に関する知識・能力、適性・意欲を評価します。

 また、筆答試験では、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、専門科目、外国語科目(英語)に関する試験を課すとともに、面接評価、並びに出身学校の成績も踏まえ、生命化学分野に関する知識・能力、適性・意欲を評価します。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 

  • (1)分子機能化学・有機生化学・生命機能に関する講義を実施し、生命化学に関わる専門的な知識を教授する
  • (2)外部の講師を招いて先端科学特別講義を実施し、より広範な専門知識を教授する
  • (3)生命化学論文講読を実施し、外国語で書かれた文献を精読する能力を養う
  • (4)生命化学特別研究を実施し、生命化学に関連した研究課題に取り組む姿勢・能力を養う

 

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 本専攻にて、理工学研究科所定の期間在学し、専攻にもうけた学位プログラムを履修して所定の単位を修得し、指導教員による教育研究指導を受け、かつ、本専攻が行う修士論文の審査及び最終試験に合格した者に、修士の学位を授与します

 本専攻の博士前期課程修了においては、次のような資質を持ったものに対して学位を授与します

 

  • (1)生命化学に関する専門的な知識や技能を習得し、高い倫理観を持って、科学技術の発展に活かすことができる。
  • (2)実験データを客観的に評価し、正当な結論を導き出すことができる。
  • (3)研究課題について論理的に思考し、問題点をはっきりさせ、その解決法を着想することができる。
  • (4)専門的な文献や書物を読み解いて、研究の遂行に必要な情報を得ることができる。
  • (5)研究成果について、学会などで関連分野の研究者に対して発表・説明し、議論することができる