ホーム > 入試・入学案内 > 教育目標と3ポリシー > 機械工学専攻の教育目標と3ポリシー

機械工学専攻の教育目標と3ポリシー

教育目標

 機械工学専攻で取り扱う教育研究の範囲は、材料の物性と強度、構造物設計、機器の設計と制御、生産加工、熱・流体が関与する諸現象、エネルギー利用技術、各種工学現象の解明や機械設計への計算機利用技術並びに各種システム構成技術などである。本専攻では、学部教育課程での機械工学基礎教育を踏まえ、機械技術の高度化と先端化を追求するために必要な知識を積極的に取り入れて応用することのできるエンジニアの育成を目指している。

機械工学専攻における入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

 機械工学専攻の基本理念と求める学生像を踏まえ、本専攻は次のような人を求める。

 

  • ア)総合的かつ長期的視野と高い倫理観を持って、機械工学の立場から、人類社会への貢献を志す人
  • イ)種々の機械工学的課題の本質を解明することができる基礎学力と探究意欲を持ち、その原理に基づいて課題を解決する展開力を継続的に研鑽する人
  • ウ)種々の機械工学的課題に対して、課題解決の計画を立案し、個人・チーム力の総力を発揮して、課題に臨む計画能力およびコミュニケーション能力のある人

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 機械工学専攻に関する基礎的な知識と技術及び外国語(英語)の高い知識・能力

3.入学者選抜の基本方針(一般選抜)

 口述試験では、口頭試問を含む面接を課すとともに、出身学校の成績及び志望理由書等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、機械工学専攻の専門分野に関する知識・能力、適性・意欲等を評価する。

 また、筆答試験では、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、機械工学専攻に関する専門知識、外国語科目(英語)及び面接を課すとともに、出身学校の成績も踏まえ、機械工学専攻に関する知識・能力、外国語(英語)の読解能力、適性・意欲等を評価する。

 

機械工学専攻における教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

必修科目には、修士論文に関連した「機械工学ゼミナール」のほかに、コースワーク全体の体系が理解できるように基礎的かつ総合的な内容の「機械工学特論」を開講しています。選択必修科目は、「生産工学コース」、「エネルギー工学コース」、「機械システム工学コース」に対応した3つの群に分類され、各群からそれぞれ6単位以上修得する必要があります。学生は、入学時に指導教員と相談の上で学習計画を作成し、その学習計画に応じて選択必修科目、選択科目、適切な倫理意識を持ったエンジニアになるための教育科目などの履修科目を定め履修することになります。
基礎力・応用力ともにバランスのとれた技術者を育成するために、以下の質の高い教育を実施します。

 

  • (1)種々の機械工学的課題の本質を解明することができる基礎学力と探究意欲を持ち、その原理に基づいて課題を解決する展開力を備えさせるために、質の高い講義と演習を実施する。
  • (2)種々の機械工学的課題に対して、課題解決の計画を立案し、個人・チーム力の総力を発揮して課題に臨む計画能力及びコミュニケーション能力を育むために、修士論文に関連した「機械工学ゼミナール」に加えて、コースワーク全体の体系が理解できるように開講された総合的な内容の「機械工学特論」といった特別講義並びに学会などでの専門家との交流を促す取り組みを行う。
  • (3)機械工学に関する専門科目の実社会における応用例を説明し、アクティブラーニングの一環として実学を学ぶ機会を提供する。

 

機械工学専攻における学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 以下の要件を満たす人に修士の学位を授与します。

 

  • (1)総合的かつ長期的視野を持って、エネルギーと環境、人間と社会などの問題解決を通して、人類の幸福と福祉に貢献できる能力を身につけている。。
  • (2)機械工学の知識を総合的に応用して、多種多様な工学的問題及び社会的要請課題を包括的に解決できる能力を身につけている。
  • (3)国内外の課題を克服するための提案を行う企画立案力、課題解決能力、コミュニケーション能力を身につけている。
  • (4)高い倫理感を持って、個々の機械工学的な課題だけではなく、広い視野に立って人類社会に貢献できる能力を身につけている。