ホーム > 入試・入学案内 > >教育目標と3ポリシー > 博士前期課程における教育目標と3ポリシー

理工学研究科前期課程における教育目標と3ポリシー

教育目標

 理工学研究科の理念は、「真理を愛し、高い倫理観を備え、自ら困難に挑戦する人格を育成し、時代の要請に対応できる教育研究の体系と枠組みを創成することによって、地域ならびに国際社会の進展に寄与する」です。この理念を受けて、「理工学に関する基礎から応用にわたる学術の真理と理論を教授研究し、その深奥を極めて文化の進展に寄与する人材の育成」を目的とし、そのため、「今日の諸課題に対応できる倫理的判断力及び人間生活を取り巻く自然についての総合的な知識をもち、自然科学に関する学問の高度化と多様化に幅広く柔軟に対応できる、次世代を担う技術者、研究者、さらには高度専門職業人を養成する」ことを目標としています。

博士前期課程における入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

  • ア)理工学研究科の理念に共感し、それを実現できる基礎学力と意欲を持ち、科学的で合理的な思考ができ、コミュニケーション能力のある人
  • イ)理工学分野の諸課題に強い関心を持ち、強い探求心を持ってさまざまな課題にチャレンジする努力を惜しまない人
  • ウ)理工学分野のさまざまな現象を解析するため、科学的かつ多面的な観察計画を立案し、それを論理的に解析する能力の研鑽を目指す人
  • エ)理工学研究科で獲得する専門知識を基礎に、多様な価値観や文化を大切にしつつ、高い倫理観を持って地域並びに国際社会に貢献することを志す人

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 理学又は工学において、志望する専攻の専門的知識・技術及び外国語(英語)の高い知識・能力が必要となります。

3.入学者選抜の基本方針(一般選抜)

 口述試験では、口頭試問を含む面接を課すとともに、出身学校の成績及び志望理由書等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、志望する専攻の専門分野に関する知識・能力、適性・意欲等を評価します。 また、筆答試験では、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる、専門科目(理学又は工学において、志望する専攻の専門分野から出題)、外国語科目(英語)及び面接を課すとともに、出身学校の成績も踏まえ、志望する専攻の専門分野に関する知識・能力、外国語(英語)の読解能力、適性・意欲等を評価します。

博士前期課程における教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 科学・技術の専門家として、幅広い視野をもち、グローバル社会で活躍できる人材を育成するため、各専攻が編成した学位プログラムを構成する教育課程において、以下のような方針による質の高い教育を実践します.

 

  • (1) 理工学の深奥を究めるために必要なそれぞれの専門領域の学力を習得させるための講義と演習を実施する。
  • (2) 実践的な問題解決力を修得させるため、問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力、倫理観を修得させる教育を展開する。
  • (3) それぞれの学生が確かな専門学力に基づく課題研究に積極的に取り組み、新たな方向性を見出す力を養成するための専門教育を実施する。
  • (4) プレゼンテーション能力や討論の技術を養うため、学会等での研究成果の発表を通した教育を実施する。
  • (5) 国際的に通用するコミュニケーション能力を修得させるため、英語による授業等を実施する。

 

 

博士前期課程における学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 博士前期課程は、本研究科所定の期間在学し、各専攻にもうけた学位プログラムを計画的に履修し、所定の単位を、所定のGPAで修得し、教育研究指導を受け、かつ、本研究科が行う修士論文の審査及び最終試験に合格した者に、修士の学位を授与します。

 博士前期課程修了にあっては、次のような内容の学力基準に到達していることを評価します。

 

  • (1) 自然科学と科学技術に係わる総合的かつ長期的視点の下、人類の幸福と福祉に貢献できる能力を身につけている。
  • (2) 研究の急速な深化、複合化、学際化、総合化が生じている様々な自然科学分野で確かな専門学力に基づく実践的な問題解決力能力を修得している。
  • (3) 専門領域において独創性の高い科学を担い、知識基盤社会を科学技術の立場から支えることが自らの使命であることを自覚している。
  • (4) 科学創成の必然性を理解し、社会の急速な変貌に伴って起こる様々な問題克服に専門知識をもって寄与できる能力を修得している。
  • (5) 高い倫理観を持って地域並びに国際社会の進展に主体的に取り組むことのできるコミュニケーション能力を身につけている。