システム情報科学専攻
ホーム > 研究科概要 > 構成 > 博士後期課程 システム情報科学専攻

システム情報科学専攻

本専攻は、個別技術のハイテク化と、これらを統合した技術のシステム化で特徴づけられる複数の研究領域に関連した基礎知識を持ち、その特定の分野において最先端の知識を習得し、幅広い領域で独創的で高度な研究を展開できる人材の育成を目的としています。

博士課程修了後、広範な分野において学術研究の高度化と国際的に通用する高度専門職業人としてシステム情報科学の専門知識を生かした活躍ができる人材、研究者として最先端の研究を切り開くことのできる人材の育成を図ります。

このために、システム制御分野、知能情報分野、生体物質科学分野の3つの基幹分野を設けています。

システム情報科学専攻の教育目標と3ポリシーについて

基幹分野

◎システム制御分野

情報活動の基本機能である情報処理、情報伝送、情報管理などで特徴づけられる研究教育を展開します。

◎知能情報分野

高度情報化社会を支える基本機能であるコミュニケーション、情報管理、情報処理に対処するために、人間の思考、問題解決、言語などの知能に関する教育研究を展開します。

◎生体物質科学分野

物質系として高度に複合された複合系の数理的解析と理論化に係わる諸問題、生命現象や生体の仕組みや状態を分子や電子レベルで総合的に解析する研究教育を展開します。