理工学研究科大学院生が「平成29年度化学工学会九州支部学生賞審査会」で学生賞を受賞

 

   7月1日に西日本総合展示場にて開催された「平成29年度化学工学会九州支部学生賞審査会」において、 理工学研究科化学生命・化学工学専攻(化学工学コース)博士前期課程2年の檀上創さんが 「学生賞(修士の部)」を受賞しました。

 

本審査会では「いかに自分で考え、自分の力で発想し、研究を展開しているか。如何に自分の研究としてアピールできているか」が審査されます。化学工学会九州支部に所属する各大学より選抜された5件の発表が行われ、 檀上さんは、「学生賞(修士の部)」1件のうちの1件に選ばれました。

 

発表内容は以下の通りです。

 

著者名:檀上創

 

発表タイトル:オートクレーブ滅菌耐性を有するグルコン酸修飾キトサンクライオゲルの開発と創傷被覆材への応用

 ※画像はクリックすると拡大表示されます

 

【関連ページ】吉田研究室ホームページ

http://ecp.cen.kagoshima-u.ac.jp/group/koubutsu/index.html