平成30年4月14日付け南日本新聞に建築学専攻・鷹野准教授の研究室グループが紹介されました。

平成30年4月14日付け南日本新聞(1面)にて、鷹野敦准教授の研究室グループが熊本地震による仮設団地暮らしの質を高めるための支援として、熊本市宇城市を訪れ被災住民と交流しながら家具作りなどを行った記事が掲載されました。

 

【平成30年4月14日付 南日本新聞(1面)】