平成30年度 博士前期課程 外国語の利用方法の変更について

◎一般選抜(筆答試験)

 

◆外国語(英語試験、TOEICスコア、TOEFLスコア)の利用方法の変更について

 鹿児島大学理工学研究科博士前期課程情報生体システム工学専攻では、英語試験、TOEIC又はTOEFLのうち、いずれか又は複数を利用することが出来ますが、平成30年度入試から、「試験当日の英語を廃止」しますので、ご注意願います。

詳しくはこちらへ→博士前期課程入試情報

◎外国人留学生特別選抜

 

◆外国語(日本語試験、英語試験、TOEICスコア、TOEFLスコア)の利用方法の変更について

 鹿児島大学理工学研究科博士前期課程では、志願する専攻によって、日本語試験、英語試験、TOEIC又はTOEFLのうち、いずれか又は複数を利用することが出来ますが、平成30年度入試から、利用方法を変更しますので、ご注意願います。なお、英語を母国語とする者は、試験当日の日本語試験のみが有効である点については、変更がありません。

詳しくはこちらへ→博士前期課程入試情報