ホーム > 教育と研究 > 学位論文に係る評価基準

学位論文に係る評価基準

博士前期課程

 修士論文の審査は、学位申請者が提出した論文の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値の有無、さらには、学位申請者の研究成果の論理的説明力、研究推進能力、研究分野に関連する幅広い専門的知識、倫理性などを有しているかを、ディプロマポリシーを勘案して審査します。

博士後期課程

 博士論文の審査は、学位申請者が提出した論文の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値の有無、さらには、学位申請者の研究企画および研究推進能力、研究成果の論理的説明力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、高い倫理性などを有しているかを、ディプロマポリシーを勘案して審査します。