研究科概要
化学生命工学プログラム
ホーム > 研究科概要 > 構成 > 工学専攻 > 化学生命工学プログラム

化学生命工学プログラム

 化学生命工学プログラムでは,生命現象に関わる化学を学び、新物質や機能材料、バイオテクノロジー、分析や化学計測、医薬や医用材料、環境保全やエネルギーなどの研究や技術開発を担うことができる人材の育成を教育の目的とします。本プログラムは,工学部の先進工学科化学生命工学プログラムに連続する教育プログラムの整備・拡充により,次のような人材の育成を目標とします。

 

  1. 豊かな人間性と社会性による倫理観を備え、国際的視野のもと、自然・環境の摂理と諸科学の基礎知識を吸収して共生する能力を養成します。
  2. 数学、工学基礎や情報処理技術、及び化学工学に関する基礎知識と能力を養成します。
  3. 化学と生物の基礎知識を柔軟に駆使し、新材料やバイオ技術、薬の創製と評価に生かせる能力を養成します。
  4. 日常的・国際的コミュニケーション能力を養成します。
  5. 学位論文研究や講座ゼミを通じ、与えられた要求に対して、知識・技術を駆使して総合的に判断し、実現可能な解決方法を提案できるデザイン能力を養成します。

 

分野

 化学生命工学ブログラムでは、化学生命工学分野を設定しています。

 その分野で、社会のニーズに対応した人材を育成するために、特定の課題について複数の授業科目をとおして体系的に学修することとなります。

 また、化学生命工学プログラムでは「英語コース」を開設しています。

 カリキュラムの詳細は、「履修要項」をご覧ください。

教員一覧

 各専門技術のスペシャリストたちが、学生の教育研究や諸課題の解決をサポート。

  • 化学生命工学プログラム 教員一覧