入試・入学案内
ホーム > 入試・入学案内 > 教育目標と3ポリシー > 理学専攻 > 化学プログラムの教育目標と3ポリシー

理学専攻
 化学プログラムの教育目標と3ポリシー

教育目標

 化学プログラムの教育理念は、「基礎知識と応用力を兼ね備えた人材」「大学院で身に付けた能力を、地域や国際社会で活用できる人材」「急激な社会の変化に対応でき、さらなる発展に寄与できる人材」の育成です。教育と研究を通して、高度の専門能力を備えた人材を輩出することを目標としています。

 

化学プログラムにおける学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 理学専攻の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に準じます。

化学プログラムにおける教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 理学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に準じます。

化学プログラムにおける入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

  • 化学プログラムの教育理念を理解し、それを実現できる学力と意欲を持っている人材
  • 化学に関わる研究分野に興味を持ち、その発展に対する貢献に熱意がある人材
  • 化学の研究を通して、高い倫理観を持ちつつ、科学や社会の発展に寄与したいと思う人材
  • 合理的で柔軟な科学的思考力を有しており、研究の内容や計画について簡潔明瞭に発表・説明できる人材

 

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 化学に関する基礎的な知識と実験技術・観察力を有していることが必要です。また、研究に必要な知識や情報を収集、また学術論文を読解するための、英語の語学力並びにコミュニケーション力が必要となります。

 他分野入学志願者特別選抜を志願する場合は、化学に関する専門分野の知識・技術、及び英語の能力が必要となります。

 

3.入学者選抜の基本方針

 一般選抜(口述試験または筆答試験)、他分野入学志願者特別選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜により、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる知識・能力、適性・意欲を、以下の選抜方法により評価します。

 一般選抜(口述試験)では、出身学校の成績及び研究計画書等も踏まえ、口頭試問を含む面接により選抜します。

 一般選抜(筆答試験)では、専門科目、外国語科目(英語)に関する試験および面接により選抜します。

 他分野入学志願者特別選抜では、口述試験を含むプレゼンテーションを課すとともに、出身学校の成績及び志望理由書等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる能力・適性・意欲等を評価します。また英語の能力についても評価します。

 社会人特別選抜では、研究計画書等、口頭試問を含む面接により選抜します。

 外国人留学生特別選抜では、専門科目、外国語科目(日本語または英語、ただし英語を母国語とする受験生の場合は日本語に限る)に関する試験および面接により選抜します。