入試・入学案内
ホーム > 入試・入学案内 > 教育目標と3ポリシー > 理学専攻 > 数理情報科学プログラムの教育目標と3ポリシー

理学専攻
 数理情報科学プログラムの教育目標と3ポリシー

教育目標

 数理情報科学プログラムでは、数学、数学を基盤とした情報科学や統計科学について講義・セミナーを通じて学びます。数学や情報科学や統計科学を深く学ぶことにより、創造的かつ柔軟な思考力をもつ技術者、研究者、教育者など高度専門職業人の育成を目標にしています。

数理情報科学プログラムにおける学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 理学専攻の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に準じます。

数理情報科学プログラムにおける教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 

 理学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に準じます。

数理情報科学プログラムにおける入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める人材像

 ア)数学や数学に関連した情報科学、統計科学に関心をもつ人
 イ)強い学習意欲、課題探求力をもつ人

 

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

 微分積分学、線形代数学、統計学の基礎学力に加えて、高い論理的思考力と表現力が必要となります。ただし、学際分野特別選抜を志願する場合は、学士としての知識・能力、当該志願者の専門分野の知識・技術、及び外国語(英語)の能力が必要となります。

 

3.入学者選抜の基本方針

 一般選抜(口述試験)では、口頭試問を含む面接を課し、数学の基礎知識と基礎的運用能力、適性、意欲、コミュニケーション能力を評価するとともに、出身学校の成績も評価します。

 一般選抜(筆答試験)の数学では、微分積分学、線形代数学の基礎知識と基本的運用能力、論理的思考力、表現力を、外国語では、数理情報科学の文献を読むために必要な英語力を評価します。口頭試問を含む面接を課し、数学の基礎知識と基礎的運用能力、適性、意欲、コミュニケーション能力を評価します。なお、出身学校の成績も評価します。

 学際分野特別選抜では、口頭試問を含む面接を課すとともに、出身学校の成績等も踏まえ、教育目標に掲げる人材を育成する上で必要となる能力・適性・意欲等を評価します。

 社会人特別選抜では、口述試験を課し、数学の基礎知識と基礎的運用能力、適性、意欲、コミュニケーション能力を評価するとともに、書類審査をします。なお、出身学校の成績も評価します。

 外国人留学生特別選抜の数学では、微分積分学、線形代数学の基礎知識と基本的運用能力、論理的思考力、表現力を評価します。外国語では、原則として、英語、または日本語の試験を課します。なお、出身学校の成績も評価します。